2008年01月23日

風の音

寒い日が続くね。
今朝は大陸からやってきた寒気団が
寝てる間に僕の街を白く塗りつぶしていったんだ。
だからほら、細い電線にも葉っぱの1枚1枚にも雪だよ。
流れていく雲と君のひたすら上に向かうてんとう虫が
だだっぴろい公園を自然のキャンバスに変えていった。
僕は目を閉じそして耳を澄ましてみた。
そしたら聞こえてきたよ。
君の声がね。

キミモツルヲツタッテノボッテオイデヨ…。

ラベル:どれみ
posted by 浅草ビビンバ at 18:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする